どんな種類があるのか

男性作業員

一口にトランクルームといってもその種類はいくつか存在し、預けるのに向いている荷物も変わってきます。その中でも多くの人がイメージするタイプが、コンテナ収納タイプかもしれません。コンテナを丸々1つレンタルする仕組みで、コンテナ内を自由に管理することが可能です。大きいものが入れられる点がメリットであり、スポーツ用品や家電などを収納するのに向いています。都心部などで多いのが、レンタル収納タイプのトランクルームです。室内にあるスペースを区切って、その1つをレンタルする仕組みとなっていいます。マンションタイプであることから、セキュリティ対策や温度管理などがしっかりしている利点があります。このようなタイプのトランクルームには、衣類や書類などを収納すると良いです。

東京と大阪の料金目安

倉庫

家に保管しきれない荷物を収納するために利用されるトランクルーム。いつでも荷物を出し入れすることができて大変便利ですが、レンタルする際に気になるのがその費用かもしれません。もちろん、トランクルームの費用はその立地や部屋の広さによって変わってきます。そこで東京や大阪といった都心部の費用を知ることで、およその相場観を知ることができます。東京都港区の場合、1畳分の費用相場は1ヶ月当たり15,000~25,000円程度です。2畳分では1カ月当たり30,000~40,000円となっています。一方で大阪市中央区の場合、1畳分の費用相場は1ヶ月当たり10,000~12,000円程度と、東京都心部よりはやや安くなっています。2畳分でも1カ月当たり16,000~20,000円とやはり東京より安いです。

初期費用の内訳について

女性作業員

自宅に収納スペースがあっても、荷物がどんどん増えていくことはよくあることです。いらない荷物はどんどん捨てていくべきですが、思い出の品物などどうしても捨てられない荷物は、トランクルームを借りて保管することも1つの方法です。トランクルームを借りたい人にとって、まず知りたいのがどれ位の費用や相場かもしれません。やはり東京や大阪など、都心部のトランクルームは月額料金は高めに設定させています。ところでトランクルームを借りる際に必要な費用は、月額料金だけではありません。初期費用についても注意する必要があります。月額料金だけを気にしてしまいがちですが、契約するときにお金の準備ができなかったということを避けなければなりません。初期費用の内訳として、月額料金の前払い分や保証金、契約手続き料金などが必要です。また、セキュリティ対策として、鍵の交換費用やセキュリティ登録費用がかかります。レンタル会社にもよりますが、これらの料金は月額料金の3か月分は必要とされています。

きかいレンタルタマムラ

荷物の保管に便利なコンテナの販売やレンタルなら専門店がおすすめ!こちらで詳しい内容をチェックしてみましょう。
トランクルームのレンタルならこちらへ|トランクルームドットコム

トランクルームを徹底比較!

オススメになっているトランクルームの情報を確認しておくことができるようになっています。気になる人はサイトを確かめておこう。

広告募集中